何ができるのかという発想を持つ大切さ

ブランドについてのお話し興味深く拝見しました。

アイリスオーヤマ大山社長が言っていた言葉なのですが、「人はとかく成長産業に目を向けがちだが、そのような分野は大手をはじめ誰もが参入したいと思うところ。これだけ多様化した社会が目の前にあるのだから、ニッチな分野でオンリーワンを目指すことが大切だ。」ということを思い出しました。特に自前のモノを持たない卸や小売ほど大切なことではないでしょうか?

また、よく「○○が無いから」と何かのせいにしてしまうことが多い世の中で、まずは「自分で何ができるのか?」という発想を常に持ち続ける大切さを改めて感じることができました。(J.G様)

関連記事

  1. 自分に自信がつきました

  2. 参加者からも大変好評でした

  3. 自社の改善のヒントに気づきました

  4. 大変勉強になる内容

  5. もっと早くこのプログラムを学んでいればよかった

  6. パターン別のニーズの引き出し方を身につけたい

  7. 最も足りなかった部分を補うことができた

  8. その世界に引き込まれました