何ができるのかという発想を持つ大切さ

ブランドについてのお話し興味深く拝見しました。

アイリスオーヤマ大山社長が言っていた言葉なのですが、「人はとかく成長産業に目を向けがちだが、そのような分野は大手をはじめ誰もが参入したいと思うところ。これだけ多様化した社会が目の前にあるのだから、ニッチな分野でオンリーワンを目指すことが大切だ。」ということを思い出しました。特に自前のモノを持たない卸や小売ほど大切なことではないでしょうか?

また、よく「○○が無いから」と何かのせいにしてしまうことが多い世の中で、まずは「自分で何ができるのか?」という発想を常に持ち続ける大切さを改めて感じることができました。(J.G様)

関連記事

  1. 人前に立つことの怖さが薄らぎました

  2. シナリオ思考が勉強になりました

  3. 頭の汗もかきましたが、目から汗も出て来そうです

  4. 今まではそれぞれ個人プレーで営業をしていました

  5. これを機に深掘りして勉強していきたい

  6. もっと長く講義を受けたかった

  7. すばらしいサービスです

  8. 本物じゃなければ有り得ないアウトプット