感動に値する講義でした

 現状分析の方法とそこから見出される方向性をつけることでより確実な問題解決の道が開かれることがわかりました。後は経営計画と実行予算の算出をうまくできるようにしたい。
 おそらく今回のプログラムを作成するにあたり、相当の時間を費やしてきたのかと思われます。
教育というのはマニュアル化だけでは無理だと思いました。
本気と情熱が相手に伝わることがコミュニケーションのベースであり、教育の基本であると思いました。
相手に伝わり理解し行動に移すというプロセスがコミュニケーションであり、マーケティングなのだと思いました。感動に値する講義でした。(T.A様)

関連記事

  1. スタッフと情報共有するためにストックノートを活用する

  2. 事業計画書で金融機関からの信頼が受けられた

  3. 耳の痛い話です

  4. 提案書の作成が難しいものだと思っていた

  5. 部下の成長を実感でき嬉しくなりました

  6. 頭の汗もかきましたが、目から汗も出て来そうです

  7. 毎回参考にしています

  8. 経営数字がよくわかるようになりました