管理者研修プログラム

管理者の能力向上に向けて実践的な研修会
管理者研修プログラムのご案内

 管理者の行動が企業の動向を決める

企業にとって管理者の行動の良否が企業の動向を決めると言っても過言ではありません。
「企業は社長の器以上には大きくなれない」と言われるように、
管理者の統括する各部門も、その管理者の器以上の業務をこなすことはできません。

組織の要として、コミュニケーションの要として、人材を育成し、リーダーシップを発揮し、
経営計画の部門計画の推進者として目標達成に向けて、管理者に求められる役割と責任が大変重要になっているのです。

それだけに、経営者は管理者に数多くの期待をかけています。

・自分の考えを具体化し、自発的に次々と行動して欲しい
・部下の成長を願って厳しく指導し、彼らの能力を高めて欲しい
・経営者に対して、頻繁に状況報告をして欲しい

これらの期待を多くの管理者の方は自覚しています。
しかし、多くの管理者がそれらの期待に実際に応えていないのが実状ではないでしょうか。それは何故でしょう?

管理者の方々には、管理者なりの都合があります。

・管理者の果たすべき役割をきちんと示してもらっていない
・部下をどのように指導すればよいのか、教えてもらっていない
・管理者としての職務を果たせば、どのようなメリットがあるのかよくわからない

ここには、経営者と管理者との間に大きなギャップが発生してしまっています。
「管理者研修会プログラム」は、経営者と管理者双方の悩みを理解し、なおかつ経営者の気持ちになって行う、実践的・体系的な研修です。

 管理者研修の目的

①管理者が果たすべき役割を明確にする
管理者が果たすべき役割とは

・強烈な目標達成のための意欲を持ち、自部門の業績を確保すること
・社長の考えを感受し(全社的な意識を持ち)自発的に行動すること
・強力なリーダーシップを発揮すること
・部下を厳しく指導・教育し、人材を育成すること
・正しい管理活動を推進すること

そして、その役割を果たすためには、どのようにしたらよいかを考えます。
管理者にとって必要な能力やスキルを確認しながら、実際に自分の職場においてはどのような行動が必要かを考え、明らかにすること

②価値ある管理者、「経営者の分身」を目指す
管理者の能力の高さは、どの程度経営者の代行ができるかで決定されます。
経営者の分身としての管理者の姿には、次の3つの段階が存在します。

第1段階:メッセンジャーボーイ的管理者
経営者の指示をそのまま部下に伝える管理者
第2段階:広報マン的管理者
経営者の出す指示の中から、経営者が言わんとしている事を咀嚼して部下が仕事をし易いように説明、指示をする事ができる管理者
第3段階:業務責任を果たせる管理者
経営者が不在の時でも、経営者に成り代わって物事を考え、処理する事ができる管理者。(最もレベルが高い管理者)

御社の管理者はどのレベルでしょうか?

管理者の能力の高さは、どの程度経営者の代行ができるかで決定されます。
経営者の指示をそのまま部下に伝えるだけでは、
何かの困難が存在した場合、業務が停止してしまう恐れがあります。

単なるメッセンジャー・ボーイではなく、
経営者の立場に立って指示や命令を受け取り、経営者の内側に立って全社的な見地から物事を考え、判断できる管理者が必要です。

 

 研修の進め方

研修の進め方

STEP1. 振り返り
各回の研修会は連続性を持ったテーマで構成されています。前回の内容、見いだされた改善課題をどの程度進めることができたか、何ができて何ができなかったかを確認します。(スポットの研修は除きます)

STEP2. 講義
本日の研修のゴールを明確にし、各回のテーマに基づき、テキストを用いたレクチャーを行います。受講者は、講義、テキストからご自身が学ぶべき知識や考え方、方策について理解を深めます。

STEP3. 演習と討議
各セクションでワークシートを用いて、自分や組織の現状を分析し、抽出した課題について討議し、講師の助言を踏まえて改善策を立案します。見いだされた課題を受講者が討議することで、様々なものの見方、考え方についても学ぶことができます。

STEP4. 職場での実践
作成した改善策を「必ず実践する」という決意を固め研修を終了します。研修会で学んだことを職場で実践し展開することで理解が深まります。情報は行動をもたらして初めて力を持つ。行動することで結果が得られます。

 研修テーマ

人材の活用と活性化は企業経営において極めて重要なテーマです。
しかしながら実際に人材を有効に活用し組織を活性化させることは容易なことではありません。
お客様の話を聞かせていただき、貴社にあった最適なテーマをご提案いたします。

管理者研修のテーマ

 管理者研修の内容

対象者 管理者、監督者
期間  月1回開催、全12講 トライアルコース有り(1日)
日程 貴社と調整の上で実施します
実施地 貴社で行う訪問型のコンサルティング
Zoomによるオンライン研修にも対応しています
実施体制 1名のコンサルタントが専任で対応します
テキスト、資料 各回のテーマごとに、テキスト、ワークシート、資料を人数分用意します
フォロー体制 各回のコンサルティング時間は1回あたり4時間を予定します
電話、ファックス、E-mailによるコンサルタントとの質疑応答は随時可能です

企業研修のご相談・お問い合わせ
ご相談やお困りごとがあれば、WEBフォームからお気軽にお問い合わせください
真剣に検討していただける経営者の方に、具体的な研修内容や進め方、ポイント等をまとめた「管理者研修ガイドブック」を進呈します

ご相談・お問い合わせ

関連記事

  1. 基本理念策定研修

  2. 新入社員研修プログラム

  3. 管理者研修1日コースのご案内

  4. オンラインによる研修プログラムのご案内

  5. 社員研修プログラム