自信のある未来像が明確に見えるようになりました

まずは、大場先生にはお礼を申し上げたいと思います。初めは社長、専務の面談、勉強からでした。
それまでは、街の小さな洋菓子専門店で、「企業理念」など必要ないと思っていました。さらには、毎月の大場先生の訪問日前日には、「明日イヤだなぁ」と感じていました。
今、考えると会社の管理者ではなく、経営陣の自分たちが一番変わらなければいけなかったんだということに気づきました。
管理者教育をしていただき、企業理念もでき、初めていろいろな自信のある未来像が明確に見えるようになりました。企業理念が社内で浸透していくにつれ、明らかに離職者が減りました。同業ではどこも人手不足状態のなか、今後のわが社の大変な強みとなることでしょう。これから二番手、三番手の教育をしていただきますが、会社自体が大きく変化すると感じますし、明るい未来を社員たちが必ず感じてくれると思います。(菓子製造販売業 代表取締役社長)

関連記事

  1. もやもやがスッキリした

  2. この手法で提案できる社員が増えるほど会社の利益も増える

  3. すぐにでも取りかかれそうなヒント

  4. コンサルティングを利用し良い方向へ

  5. 最終決定の段階での断り文句に悩んでいました

  6. 今月のレッスンにチャレンジします

  7. 頭の汗もかきましたが、目から汗も出て来そうです

  8. 点から線へ、そして面になりました