最終決定の段階での断り文句に悩んでいました


お客様から要望があって商品を紹介する際も、こちらから提案する際にも最終決定の段階に入ると「まだ先で良い」「困ったら連絡する」などの断り文句が出て、決めきれない時があり、どのように切り返すべきか、どのように営業を行えば断り文句が出ずに商談を終えることが出来るのか疑問に思っておりました
普段の商談の中で、顧客の顕在ニーズを意識して話をしようと思っております。受講する前までは、顧客とコミュニケーションを取ることや他社との商談状況等に意識が向いており、顕在ニーズを引き出すことが出来ていなかったと感じました。しかし、今回の研修で提案型営業について学び、コミュニケーションや他社動向等の目先の問題に目を向けるだけでなく、顕在ニーズや自分の提供する商品やサービスがどの様に顧客にベネフィットできるかということに意識を向けて営業活動を行いたいと思います(営業職/営業機能強化プログラム)

関連記事

  1. 自分の中に吸収することができて本当によかった

  2. 社員とともに事業計画を実行して行く

  3. すぐにでも取りかかれそうなヒント

  4. 計画、目標を設定し攻めの経営をしたい

  5. 今月のレッスンにチャレンジします

  6. 事業計画が開店後の経営の指針になりました

  7. 八方ふさがりの中、足下に大きな宝がありました

  8. 小規模企業の特性を生かした商品開発を行っていきたい