感動に値する講義でした

現状分析の方法とそこから見出される方向性をつけることでより確実な問題解決の道が開かれることがわかりました。後は経営計画と実行予算の算出をうまくできるようにしたい。
おそらく今回のプログラムを作成するにあたり、相当の時間を費やしてきたのかと思われます。
教育というのはマニュアル化だけでは無理だと思いました。
本気と情熱が相手に伝わることがコミュニケーションのベースであり、教育の基本であると思いました。
相手に伝わり理解し行動に移すというプロセスがコミュニケーションであり、マーケティングなのだと思いました。感動に値する講義でした。(T.A様)

関連記事

  1. もっと長く講義を受けたかった

  2. 小規模企業の特性を生かした商品開発を行っていきたい

  3. 成果の出ない営業の言葉がとてもリアル

  4. 日々の行動計画が立てやすくなりました

  5. 新しい会社を自分達の力で作っていくことが楽しみです

  6. 業務改善の必要性を強く感じた

  7. もやもやがスッキリした

  8. 今まで考えもしなかったことです