データで予測し先回りして準備する種まき活動を学びました


売るベきタイミングでは、いつ売るのか、グラフから得られる情報や過去の自店舗のデータで予測することができ、いかに先回りして準備できるか、また谷の時期での売り上げを確保するためには、山の時期で確実に売り上げをとれているのかを考えてアクションする必要があると学びました。先行管理を使って、種まき、刈り取りを考え、機会損失が起きないように達成したい姿を明確にスタッフと共有して進めていきます。(販売職/社員研修プログラム)

関連記事

  1. 頭の汗もかきましたが、目から汗も出て来そうです

  2. お客様の満足度を上げることができました

  3. ビジョンが具体化しました

  4. 事業計画書で金融機関からの信頼が受けられた

  5. 経営者としてやるべきことが明確になりました

  6. コンサルティングを利用し良い方向へ

  7. 自信のある未来像が明確に見えるようになりました

  8. 行動が予定通りにいかなくてもリスケジュールで改善できる