仙台のコンサル(中小企業診断士)が本音をあなたにズバリ語る!

カテゴリー:人財

まかせ上手の本当の意味

何でもやろうとして、結局何もできない人がいます。 何でも抱え込んでしまう理由のひとつに、仕事をまかせることができない、ということがある。 部下にまかせることが下手で、仕事を抱え込んでいる上司を見ることがあります。 (さらに&hellip…

詳細を見る

何かを捨てると何かが始まる

何でもやろうとして、結局何もできない人がいます。 決してこの人は不まじめなのではありません。 とてもまじめであるが故に何でもやろうとします。でも、できない。 あなたならこの人にどうアドバイスしてあげますか? (さらに…)…

詳細を見る

スゴイ会話

ここは地元市内の某所、とんかつ屋さんでランチをする。 隣には海外出張が多いと見られる管理職風の2人。 スゴイ会話がテーブル越しに聞こえてきます。 (さらに…)…

詳細を見る

労働力確保から人財確保へ

最近、景気回復傾向や、少子高齢化、団塊世代の大量退職で注目されている労働力確保の問題。 最近の新聞等にあるように、企業では積極的な採用や雇用形態の見直しの動きが広がっています。 ただし、急場を乗り切る施策として取り組むと、結果的に痛い目を見…

詳細を見る

ノート術の極意

あなただけの「ノート術」ありますか? 前にブログで書きましたが、私もノート術には結構こだわりを持っています。 常に、もっといいやり方はないかを探している。 他人のノートをみることはとても参考になりますね。 (さらに…)…

詳細を見る

決断して執着してみる

中小企業診断士試験の試験案内、申込書類の配布が 5月8日から始まりました。 本気で合格しようと考えるなら、勉強の進捗度合いは抜きにしてまず受験するのが先決ですね。 合格ボーダーラインを超えるかどうかを決めるのは・・ 診断士試験を受験しない方…

詳細を見る

夢をみろ!

押尾コータローがいい。 自分を鼓舞したい時に聞く熱い迫力のある音、静かに物思いにふけりたい時に聞く繊細な心癒される音。 すべて1人の1本のギターが奏でます。 このエピソードを雑誌で読んで、押尾の音の深みに少しだけ触れたような気がしました。 …

詳細を見る

やるべきことをやるだけだ!

新聞の内舘牧子さんのコラムで、水泳の北島浩介選手のことが紹介してありました。 最近、若い選手が口にする「楽しむ」という表現に違和感を持っていましたが、 北島選手の場合、私が持つこの考えがまったく当てはまらないことがわかりました。 (さら…

詳細を見る

どんなリーダーシップを発揮する?

今年の新入社員の特徴が発表されました。 「ブログ型」だそうです。 あなたはこのような特徴を持った社員にどんな新入社員教育をするでしょうか? (さらに…)…

詳細を見る

上司に言いたかったこと

2006.04.03

1件

会社におけるコミュニケーションは、人でいえば血液の流れ。 この流れがおかしくなってしまえば、命を落としてしまうということにもなりかねません。 こういう上司いませんか? (さらに…)…

詳細を見る

仙台のコンサル「マチスケ」

コーヒー片手に、ビジネスのアイディア、ヒントを発掘!仙台のコンサル「マチスケ」(中小企業診断士)が本音をあなたにズバリ語る!

アーカイブ