仙台のコンサル(中小企業診断士)が本音をあなたにズバリ語る!

カテゴリー:人財

ストレスは解消するな

昨日、移動中になにげにチャンネルを合わせてみると、 タレントの東ちづるさんがNHKの情報番組に出演されていました。 「ストレス解消法を教えてください。」 東さんが視聴者からの質問に答えます。 (さらに…)…

詳細を見る

飛躍するカギとなる要素

未来をリードするのは、何かを創造できる人や他人と共感できる人、 パターン認識に優れた人、そして物事に意義を見いだせる人である。 (ダニエル・ピンク) (さらに…)…

詳細を見る

必要とされる管理者

私は管理者という言葉もあまり使いたくないのです。 部下の存在を想定しているからです。 エグゼクティブという言葉を使いたいと思います。 支配ではなく、責任を意味しているからです。 (さらに…)…

詳細を見る

3点セットで叱る

ほんとうのことを言ったら、次に必ず直す方法を言わなければいけない。 そして、それでいいかどうかを伝える。 この三つが叱る絶対三点セットなんです。 (井村雅代『私はあきらめへん』の中で) (さらに…)…

詳細を見る

あきらめへん

負けたときのフォローの言葉を考えているということは、自分に自信がないからです。 だからわたしは絶対、言い訳なんて考えない。 そんな余裕があるなら、選手を上手にする方法を考えたらいいんです。 実際、負けたときはどうするか、そのときはひとりの人…

詳細を見る

伸び代の作り方

創造性とは新しいこと、革命的なことをやることです。 独創とは誰もやらなかったこと、気のつかなかったことをやることです。 したがって、それを実行した場合、失敗するかもしれないし、 途中で思いもよらぬ出来事が起こって危険に瀕することもあるかもし…

詳細を見る

スコアに向かう情熱

何より、柔軟で鋭敏で、しかもエネルギッシュな体を作っておくこと。 また、音楽家になるよりスポーツマンになるようなつもりで、スコアに向かうこと。 それが、指揮をする動作を作り、これが言葉以上に的確にオーケストラの人たちには通じるのだ。 (小澤…

詳細を見る

仕事始めに

人生は、ただ一回のマラソン競争みたいなものです。 勝敗の決は一生にただ一回人生の終わりにあるだけです。 しかしマラソン競争と考えている間は、まだ心にゆるみが出ます。 人生が、五十メートルの短距離競走だと分かってくると、人間も凄みが加わってく…

詳細を見る

「教」があっても「育」がない

「理屈」がわかっても、「直感」がない。 「欲」があっても、「望」がわかない。 「組織」があっても、「運営」がうまくいかない。 知っちゃいるけど、行わない。 (西堀 栄三郎) (さらに…)…

詳細を見る

動けば何か起きますよ

人はね、動けば何か起きますよ。いい事も、悪い事も、ミディアムも。10のプラスを狙えばマイナス10も。 嫌だから人生やめますか?1回しょげりゃいいじゃない。落ちればいい。悪いことがずっとはないんだから。 酒でも飲んで、ムックリ起きて、何かやろ…

詳細を見る

仙台のコンサル「マチスケ」

コーヒー片手に、ビジネスのアイディア、ヒントを発掘!仙台のコンサル「マチスケ」(中小企業診断士)が本音をあなたにズバリ語る!

アーカイブ