ブログ

人手不足を解消するために

新聞やニュースなどの番組で「人手不足」「労働力不足」「人材難」という言葉を見ることが増えています。今日の人手不足、人材難は一過性のものでしょうか?

「仕事はあっても人がいないために断らざるを得ない」
「中途採用もままならない」
「せっかく育成した中堅社員も、会社を辞めていく」
「中高年者がなかなか活性化しない」
「新しい分野に進出したいが、優秀な人材がいない」・・・

労働力不足はこれから益々深刻化していくといわれています。

 

2025年には583万人の労働力の不足が見込まれる

労働市場の未来推計によると、2025年の労働力の不足は583万人※になるといわれています。
産業別推計では、特に、「情報通信・サービス業(-482万人)」「卸売・小売業(-188万人)」「運輸業(-49万人)」「建設業(-39万人」などの業種で労働力が不足します。

※経済成長率0.8%(内閣府『中長期の経済財政に関する試算』におけるベースラインケース)を2025年まで継続した場合の必要な就業者数の推計と、人口動態から推計した就業者数のギャップ

 

このような経営環境の中で、現在、多くの企業が人材の採用、育成、定着を図るための努力をしています。そして、社員にとって本当に魅力ある会社を作らなければならないと強く感じています。

魅力ある会社とは、どのような会社をいうのでしょうか?

第一に、将来において可能性のもてる企業であり、これは、企業の経営ビジョン、中期経営計画として将来の方向性を明確に示すことによって実現できます。

第二に、仕事の取り組みを正しく評価することができる企業であり、社員を動機づけ、やる気を喚起することができる人事評価制度がある企業です。

これまで会社を辞めた人はなぜ退職したのか?
現在の社員は自社に魅力を感じているか?
魅力ある会社とするためには、どのような点を見直せばいいのか?

是非、経営陣で話し合いの場を設けることをおすすめします。

 

人材採用、育成、定着に問題がある
社員を動機づけたい、自社の期待像にあった社員に育てたいなど、
人材に関する課題をお持ちの企業にお勧めできるサービスがあります。

市販の書籍やマニュアルを参考にしたけれども、
今ひとつ自社にぴったりの人事評価制度がつくれないで困っている。
自社固有の課題を解決できる人事制度はないものか。
そんな企業に役に立つ診断レポート作成サービスです。

以下のページでご案内していますので、ご参考にしていただけたら幸いです。

 

人事処遇制度診断のご案内

関連記事

  1. この発想が成果を生み出す! あなたの“宝の山”を発見する方法
  2. 「教」があっても「育」がない
  3. 事業承継補助金採択結果
  4. 小規模事業者持続化補助金採択結果
  5. 目標達成に向けて一番最初にやるべきこと
  6. 経営計画作成支援セミナー
  7. 人材投資は利益の源泉
  8. 経営計画を企業経営に役立てるために
PAGE TOP