ブログ

「教」があっても「育」がない


「理屈」がわかっても、「直感」がない。
「欲」があっても、「望」がわかない。
「組織」があっても、「運営」がうまくいかない。
知っちゃいるけど、行わない。

(西堀 栄三郎)

西堀栄三郎氏によると、
従来の教育には「教」はあっても「育」がない、のだそうです。
教えることと、育てることの違いを明快に説いています。

それはどんな教育でしょうか。

『教師なり先輩なりが、教科書によって「もの」の理を説き、知識を授けるだけのものでした。
教えられるほうも、記憶力のある者が成績が良い、というようになってしまっています。
したがって「知識」はあれども「智恵」はないということになります。』

これは学生のみならず社会人に当てはめることもできますね。
我が社の社員はどうだろうか?

社員教育に悩んでいない会社は皆無といってよいと思います。
もし自社は自信があるという方がいらっしゃれば、冒頭の言葉に当てはめてみてください。
すぐにご納得いただけるのではないでしょうか。

難しい社員教育ではありますが、西堀氏がいいヒントを示しています。

『育てるということは「成功」の味をしめさせ、「失敗」に学ばせることです。』

激励の前に、命令や指導が先行することはないでしょうか?
部下の失敗の責任を引き受けることができるでしょうか?

社員教育を単発で行うようなことをしない。
またすぐに結果を求めないことです。

単発で行って結果が出る場合もありますが、その場合の効果は限定的です。
何よりも、教育の継続性とフォローアップ体制を社内に設置することが大切なのです。

(「仙台のコンサルマチスケ」Archive)

関連記事

  1. 謹賀新年
  2. 組織風土診断がなぜ有効か
  3. 後継者育成の本質的課題とは?
  4. 小規模事業者持続化補助金採択結果
  5. 目標達成に向けて一番最初にやるべきこと
  6. 人材投資は利益の源泉
  7. 経営計画作成支援セミナー
  8. 経営計画を企業経営に役立てるために
PAGE TOP